トップ > 善玉菌の効果

便通改善や免疫力アップなどの効果

女性

ビフィズス菌やアシドフィルス菌などの善玉菌を摂取することによって、いろいろな健康効果を得ることができます。

おもなものとして、便通の改善(整腸作用)、免疫力の向上、腸内フローラの改善、アレルギー症状の緩和などがあります。それぞれ具体的には見ていきましょう。

便通の改善(整腸作用)

善玉菌の効果として多くの人が期待するのが、便秘解消だと思います。実際に、善玉菌を継続的に摂ることでお腹の調子が整えられて、便通が改善されます。

なぜ便通が良好になるのかというと、ビフィズス菌などが腸内で糖を分解してつくる有機酸が、ぜんどう運動を促進するからです。

ぜんどう運動とは、腸が弛緩と収縮を繰り返してウンチを肛門のほうへと移動させる運動のこと。善玉菌が産生する乳酸や酢酸には腸管を刺激する作用があり、それによってぜんどう運動がうながされるのです。

あとで説明する腸内フローラの改善によって、便秘だけでなく下痢や軟便といった症状も改善されることが期待できます。

免疫力アップ

善玉菌には、免疫力をアップさせる作用があります。

免疫力とは、病原菌などに対するカラダの抵抗力のこと。これはナチュラル・キラー細胞(NK細胞)などの免疫細胞が担っており、加齢やストレス、食生活などによってその強さが影響を受けます。

免疫力が高ければ、病原菌やウイルスは免疫細胞によって破壊されたり無力化されたりしてカラダに侵入できませんし、もし低ければ侵入を許してしまいます。

カラダの内側に病原菌などが入ると、風邪やインフルエンザなどにかかってしまいます。また、日々うまれるガン細胞を増殖させないためにも、免疫細胞は重要な役割を担っています。まさに命綱なのです。

善玉菌は、その免疫細胞を活性化します。腸には全身の約70%の免疫細胞が集中しており、口などから侵入するウイルスなどに対抗します。

その免疫細胞には、ビフィズス菌や乳酸菌などの菌体成分と結合する受容体があり、それらの善玉菌と結合することで活性化するようにできているのです。

そのため、より多く善玉菌を摂ることが、免疫力アップにつながります。善玉菌が産生する何かではなく、菌自体の成分が関係しているので、殺菌処理された乳酸菌でも免疫力向上という点では効果があります。

腸内フローラの改善

ビフィズス菌や乳酸菌がつくりだす乳酸や酢酸、それらが変化してできる酪酸やプロピオン酸などが、ぜんどう運動を促進することは説明したとおりです。

これらの有機酸には整腸作用のほかに、腸内フローラを整えるという働きもあります。

腸内フローラとは、腸内細菌の生態系のこと。腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が混在していますが、顕微鏡で見るとそれぞれのナワバリに整然と並んでいます。

そのさまがお花畑のようであることから、花の女神フローラの名前をとって、腸内細菌の集まりのことを腸内フローラと呼んでいるのです。

腸内フローラは善玉菌や悪玉菌のバランスのことも意味します。腸内フローラが良好だと言えば、それは善玉菌が多く悪玉菌が少ない、理想的なバランスになっているということをあらわしています。

一般的には、成人の腸内フローラは、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%の割合だと健康的であるとされています。

善玉菌が増えると乳酸や酢酸などの有機酸が増えて、それらの有機酸が、酸に弱い悪玉菌の増殖を抑えます。悪玉菌が減れば、悪玉菌のつくる有害物質(毒素)が減り、それによって腸内環境が改善されるというわけです。

アレルギー症状の緩和

善玉菌には、アレルギー症状を緩和する働きのあるものもあります。

たとえば、ビフィズス菌ロンガム種BB536株や、フェカリス菌(エンテロコッカス・フェカリス)などを継続的に摂取することで、花粉症の症状が緩和することが確認されています。

ほかにも、食物アレルギーの症状を緩和するものや、アトピー性皮膚炎の症状を緩和するものなど、いろいろな抗アレルギー作用のある善玉菌がいままでに見つかっています。

これは、免疫細胞のひとつであるヘルパーT細胞(Th1とTh2)のバランスが崩れることで起こる抗体の過剰生成を、ビフィズス菌や乳酸菌が調整することによるものと考えられています。

善玉菌を摂ることで花粉症や食物アレルギーの症状が緩和される、というのは、アレルギー持ちにはとても嬉しい話ではありませんか?

このページのトップへ

トップページ