トップ > 善玉菌ってなに?

善玉菌と悪玉菌の働き

善玉菌のイメージ

ビフィズス菌や、フェカリス菌やアシドフィルス菌などの乳酸菌が腸内環境の改善のために良いということはわかるけど、そもそも善玉菌って何なの?と思いませんか。

善玉菌を増やすためにサプリメントを摂ろうとする前に、善玉菌とは何なのか、増やすことでどういったメリットがあるのかということをおさらいしましょう。

腸内細菌とは

人の腸内には、たくさんの細菌がすんでいます。この細菌のことを「腸内細菌」と呼びますが、善玉菌はこのうちのひとつです。

腸内細菌は大きくわけて3つのグループからなっており、人体に良い効果をもたらすものを善玉菌、悪い作用をするものを悪玉菌、どちらでもないものを日和見菌(中間菌)と呼んでいます。

腸内細菌の種類は1,000以上あると考えられており、すべての合計は約100兆個にのぼるとも言われています。

その中で、働きが解明されているのは善玉菌や悪玉菌の一部のみであり、まだ研究がなされていない未知のものはすべて日和見菌に分類されています。

日和見菌は腸内の悪玉菌の勢力が強くなると、それに同調して同じような悪さをすると考えられていますが、まだまだわかっていない部分のほうが多いのです。

そのため今後の研究しだいでは、現在は日和見菌として分類されているものの中から、善玉菌のような働きをするもの、悪玉菌のようなものなどが出てくる可能性もあります。

善玉菌の種類

善玉菌とは区別するための名称であり、そういう名前の細菌がいるわけではありません。

具体的には、ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム属)、乳酸桿菌(ラクトバチルス属)、乳酸球菌(ラクトコッカス属)などが代表的な善玉菌です。以下に例をあげておきますね。

  • ビフィドバクテリウム・ロンガム
  • ビフィドバクテリウム・ビフィダム
  • ビフィドバクテリウム・ブレーベ
  • ラクトバチルス・アシドフィルス
  • ラクトバチルス・ブルガリクス
  • ラクトバチルス・ガセリ
  • ラクトバチルス・カゼイ
  • ラクトコッカス・ラクティス
  • ストレプトコッカス・サーモフィラス
  • エンテロコッカス・フェカリス

ちなみに、ヒトの腸内では、善玉菌の中でも特にビフィズス菌が圧倒的に高い比率で存在しており、その割合は善玉菌の99.9%以上とされています。

それなら乳酸菌を摂るよりビフィズス菌を摂ればいいのではないか、と思うかもしれませんが、そう単純なものでもありません。

最終的にはビフィズス菌を増やすことが大事ですが、直接ビフィズス菌を摂る、乳酸菌を摂ることでビフィズス菌が増殖しやすい環境をつくる、ビフィズス菌のエサであるオリゴ糖を摂るなど、方法は複数あります。

ビフィズス菌を含まない、乳酸球だけが含まれるヨーグルトを継続的に摂取することで腸内のビフィズス菌の占有率が高くなったという研究データもありますので、直接摂るだけが良い方法ではないようです。

悪玉菌の働き

善玉菌とは反対に、人体に悪影響を与えるのが悪玉菌です。

ビフィズス菌などが糖を分解して有機酸をつくるのに対して、悪玉菌はタンパク質をもとにして有害物質を発生させます

有害物質にはアンモニア、硫化水素、フェノール、インドール、スカトールなどがあり、これらの毒素が腸内環境を悪化させたり、口臭や体臭を強くしたり、肌トラブルを引き起こしたりします。

また、おならや便を臭くする原因でもあります。そのため、悪玉菌を減らして有害物質を減らすことができれば、おならの臭いや便臭が軽減されます。

善玉菌と悪玉菌は、一方が増えれば一方が減る関係にあり、腸内で常にその勢力を争っています。前述のとおり、悪玉菌が強くなればそこに日和見菌が加勢するので、なるべく善玉菌優位の状態を保つことが大事です。

このページのトップへ

トップページ